通関士年収の実態!

通関士年収TOP

通関士は、輸出入者に代わって通関業を行い、貿易関係の仕事に就くことになります。
よって、非常にやりがいがあり、多くの人がその仕事を目指しています。
ところが、通関士の年収に関しては実態を理解していない人が多いように感じます。

「通関士になったら年収がいくらくらいになるのか?」「毎月の給料はどのくらいか?」
「安定した年収を稼ぐ事はできるのか?」など聞かれることが良くあります。

しかしながら、それに対して正確な答えを出す事が非常に難しいのです。

通関士というのは、通関業者に就職して仕事をすることになります。
ただ、通関業者と言っても様々で、業種、規模、文化など会社によって大きく違い、そうなったら、当然年収も異なってきます。(詳しくは後ほど)

これが独立開業できれば、ある程度自分の年収をコントロールできますが、通関士ではそうはいきません。

つまり何がいいたいかと言うと、通関士の年収は、働いている会社、社歴、役職によって大きく異なるのです。
ですから、通関士になれば年収がいくらかという事の答えは非常に難しくなります。
もっと言えばどのくらいの年収になるかは、あなた次第とも言えます。

ただ、それではあまりにもいい加減なので、参考になる情報を提供することは可能です。
ですが、その前にまず通関士についてしっかりと理解なければなりません。

ここで私がこのくらいの年収だと言ってしまえば、実際に働いた際に現実とのギャップを感じ、通関士になるんじゃなかったと後悔することも出てきます。

が、しっかりと実情を理解していれば、通関士になってこういう業種の仕事に就けばこのくらいの年収になると予測を立てることが出来ます。

このサイトでは通関士の年収に対してウエイトを置きながら、その他にも様々な通関士の情報を提供して参ります。
是非、この機会を利用して、通関士の真実を理解して下さい。
きっとあなたが通関士を目指すべきか、それとも諦めるべきか理解できてきます。

次のページ >>