各業界の通関士としての役割

各業界の通関士の役割

ここまで読めば、通関士の仕事や年収についてある程度イメージできるようになったと思います。
それでは、このページで通関士の資格を活かせる業界を紹介していきます。

運送会社
運送会社といっても、陸上、航空、海上など、様々ですが、国際物流の際には必ず税関を通るので、最も多くの通関士が活躍している業界でもあります。
ここでの仕事は、基本的に皆さんがイメージしている国内物流の仕事と一緒で、貨物を集荷して、飛行機や船に搭載して輸送します。
ただ、違うのは、空港や港で、税関手続きをし、その間は倉庫に保管されるという事です。
通関士として最もオーソドックスな業界です。

倉庫会社
倉庫会社はクライアントから預かった貨物を保管することを目的としていますが、現在では総合物流業者としての役割が求められ、通関業の許可を取得している会社も少なくありません。
さらに保税蔵置場という場所に輸出貨物を保管することになりますが、ただ貨物を保管するのでなく、検品や加工、仕分けなどのサービスも提供しています。
このようにただの倉庫会社ではなく、トータル的にクライントをサポートしています。

メーカー
一般的にメーカーは、直接通関業務を行うのでなく、通関業者に依頼します。
その際に社内に通関士の有資格者を配置して、通関業者への業務依頼をスムーズに行なうようにします。
しかし、現在では規制緩和の影響で、通関業の許可が取得しやすくなった事から、自社で通関業務を行う会社が増えはじめました。
そのためのこれからは貿易業務を行うメーカーでの仕事が増えてくることが予想されます。

商社
輸出入製品を取り扱う商社では、通関士の役割は非常に大きくなります。
商社は基本的に自社で通関業務を行う事はなく、それぞれの業者に仕事を依頼します。
通関業者・運送会社・倉庫会社は何処にするのか?加工場はどうするのか?
もちろん製品の購入や販売に対しても考えます。
そのため、通関士は各専門会社に仕事を依頼して、スムーズに業務が流れるような、デレクションを行う事になります。
ですから、通関士との知識が絶対的に必要となるのです。

以上が通関士として活躍できる業界の主な仕事になります。

通関士の資格を取得したらこれらの業界への就職や転職を是非とも考えてみてください。
どの業界もやりがいはあると思います。

次のページ >>